さよなら、サーカス
いつか終わることはわかっていたんだ
空中ブランコは地球を置き去りにして惑星旅行を成功させたし
獣達の火の輪くぐりは上等な毛皮の代わりに僕の両足を焦がした
ジャグラーはピンに風をはらませては曾孫まで生け捕りにしたし
道化師の涙は本物よりもずっとずっと輝いていた
僕は本当に夢中だった
でも
サーカスがいつか終わることはわかっていたんだ
だから ママ
もう僕に許されていいよ
ぎこちなく握った手を もう離していい
ほら 聞こえる?
足を折って殺される黒馬がお祝いの言葉を述べている
艶やかなテントを引き倒す時には
神様のため息の音がするだろう

 

 

 

 

 

 

 


女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス